SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、小豆島の魅力「穏やかな瀬戸内海が大好きで、退職してからも年1で来ています」

今回は、小豆島の調剤薬局で1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ島。香川県に属していますが、本州や四国と橋でつながっていないため、フェリーなどの船を使うことになります。

小豆島の位置(Google Map)。

なぜ小豆島で働くことを決めたのか? 小豆島はどんなところなのか? また、なぜ小豆島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで小豆島で働いていたんですか?

――小豆島を選ばれたのはなぜでしょうか。

石垣島の病院から次の勤務先を決めようと思っていた時に、同じく薬剤師として勤務していた先輩が小豆島出身と知りました。小豆島という名前すらも聞いたことがなかったのですが、話を聞いたり写真を見せてもらったりしたら、瀬戸内海の夕日がとても綺麗で心を奪われました。

瀬戸内海の夕日

これが小豆島から見ることができる瀬戸内海の夕日。画像:小豆島観光様「わくわく小豆島」より引用

写真でこんなにキレイなら、自分の目で見たらもっとキレイなはずだと思い、小豆島で働くことを決めました。

――小豆島はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

小豆島出身の先輩からは、小豆島はとても優しい人が多く、港も多く、オリーブが有名で、海はとても穏やかでゆっくり眺めていられる場所、と聞いていました。ですが、食べ物の話があまりなかったので、食べ物は特に魅力的なものは無いのかな、魚介類はあまり美味しくないのかな、と思っていました。

実際に行ってみると、やっぱり食べ物は魅力的なものは無かったです。魚介類もあまり無いし、野菜も普通でした。

――オリーブ……。すみません、オリーブについてよく知らないのですが、食用でしょうか?だとすると美味しいのでしょうか?

オリーブは、「オリーブオイル」や「オリーブそうめん」など、オリーブの果汁とオリーブオイルを利用したものがあります。そのまま食べる方もいましたが、自分はちょっと……クセがあって食べにくかったです(笑)

小豆島オリーブ園

小豆島オリーブ園。日本におけるオリーブ栽培の発祥地かつ日本最大の生産地です。画像:株式会社オリーブ園様「小豆島オリーブ園」より引用

オリーブの実

オリーブの実。画像:株式会社オリーブ園様「小豆島オリーブ園」より引用

オリーブそうめん

オリーブそうめん。画像:一般財団法人小豆島ふるさと村様「小豆島ふるさと村」より引用

給料とかってどんな感じなんですか?

――小豆島に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

手取りで40万円。賞与は年2回で計6ヵ月分。期末手当も1ヵ月分ありました。

――信じられないくらい高待遇ですが、「額面」ではなく「手取り」で40万ですよね?手取り40万ですと、おそらく額面で年収1000万近い額になるかと思いますが……。

はい、そうです。島には薬剤師が少ないため、給与面は島が支援していたそうです。面接時に東京の病院で精力的に働いていたことをアピールし、職場見学ですぐに溶け込むことができたので、結果、高待遇となりました。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

月4万円で一軒家を借りていたのですが、職場が半額負担してくれました。引っ越し費用と、その際の交通費は、全て職場が負担してくれました。

家も職場が探してくれて、自分に合っていると思える家だったので良かったです。

小豆島ってどんなところですか?

――はじめて小豆島に来て、島内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

はじめて小豆島を訪れて感じたのは、潮の匂いです。潮風がとても心地よく、海も穏やかでした。人はあまり歩いておらず、車を利用されている方が多かったです。

小豆島土庄港

小豆島土庄港。右側手前から、しょうどしま丸、せとしお、おりんぴあどりーむ。(663highland [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

職場は調剤薬局なので、こじんまりとした感じでした。ですが、その雰囲気がアットホームな感じがして、面接と職場見学からすぐに馴染むことができ、ここで働くことを決めました。

――小豆島に来て初めて気付いた、小豆島でのお仕事の良いところを教えて下さい。

良いところは、島の環境です。海が穏やかだったり、スーパーマーケットがあったり。アットホームな場所が多く、島の人たちは皆知り合いのような感覚です。近くのスーパーで買い物しただけで、店員さんと話が盛り上がったり、おまけでお菓子をくれたり、いいことがあります。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

悪いところは、人との距離が近すぎるところかもしれません。仲良くなりたいという島の人が多いので、いろいろとプライベートなことを聞かれたり、夕飯に誘われたりします。しかもその夕飯の誘いは突然で、私の家に近所の方が来て誘ってくるんです。私は一人暮らしですし仕事も定時に終わるので、やることが何もないと思われていたのでしょうか。たしかに夜は何もないですが……。そこまで気になってはいませんでしたが、断りにくいですし、距離が近いなと感じて困惑しました。

また、フェリーに車を乗せる料金が高いです。島の外へ出て四国に観光や遊びに行く場合、四国は電車を利用して観光できる場所が少なく、車がなければ厳しい場所も多いです。島の外に買い物に行く際も、車の方が移動がラクなので車を使う人が多いです。このように、小豆島から出て車でどこかに行きたい場合、フェリーに車を乗せるのですが、その料金がとても高いんです。

――小豆島に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

小豆島に来てびっくりしたことは、薬剤師というだけでとても感謝され重宝されることです。島には医療関係の人があまり働きに来ないそうで、島で育った人も島に帰って来ないことが多いそうです。そのため、移住してきた私はとても重宝されました。

手作りのパンやお菓子をいただいたり、たまにお弁当を作ってくれたり。私は家庭菜園もしていたのですが、畑の肥料をいただくこともありました。人に対してここまで親切にできるのか?と驚くほど、島の人たちは親切でした。

――島の人たちがそこまで親切にしてくださるのは、みかんさんが薬剤師だからでしょうか?誰に対してもでしょうか?

薬剤師だからというわけではないと思います。他の土産物屋で働く方や宿を経営している方にも親切でしたので。

――なぜそこまで島の人たちは親切なのでしょうか?

きっと、島という不便な環境では助け合っていくことが必要だったからではないでしょうか。

――小豆島では車は必要でしょうか。また、普段どこで買い物されていましたか。

車がなければ不便ですが、バスも走っています。ちなみに私は、他の島や僻地でも働いてみたいと思っていて、車があると引っ越しが大変になるので持っていませんでした。

小豆島オリーブバス路線図

小豆島オリーブバス路線図。画像:小豆島オリーブバス株式会社様「公式サイト」より引用

買い物は、マルヨシというスーパーによく行っていました。品揃えが良く、いつも混んでいました。お惣菜も豊富で、今日はご飯作るのめんどくさいなという時によくお惣菜を買っていましたが、これが手作り感あって美味しいんですよ。お刺身もお寿司もあって、とても新鮮です。食料品はこのスーパーだけで足りると思います。

全体的に価格は少し高いのですが、島なので仕方ない部分もあります。薬剤師として働くなら少し高くても大丈夫かと思います。私はケチなので、高いなと思ってしまいましたが(笑)

――最終的に小豆島を出られた理由や経緯を教えてください。

小豆島にはできればずっといたかったのですが、他の島に行ってみたい気持ちもありました。長く小豆島に居続けてしまうと、他の島に行くタイミングを失いそうだったので、1年という区切りで退職することにしました。

退職することを伝えると引き止められ、給与をアップするというお話もありましたが、最終的には退職しました。特に嫌なことがあり辞めたわけではないので、退職することは寂しかったです。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、小豆島を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

小豆島は海がとても穏やかで癒されます。最近では移住者も増えて、パン屋さんやカフェなどもあります。島の人たちはとてもあたたかく、仕事もストレスなく働けます。過重労働で疲れた方にはオススメです。

反対に、島の人たちはとても親切ですが、距離が近すぎて疲れてしまうこともあります。人とコミュニケーションをあまりとりたくない方には正直しんどいです。車がなければ生活は難しいので車の運転が苦手な方もオススメできないです。

小豆島は退職してからも年に1度の頻度で旅行に来ていて、島のホテルをとって、海を見てのんびり過ごしたり、ハイキングをしたりしています。それくらい好きな島です。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!