SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、奥尻島の魅力「高級なウニやアワビがたくさん食べられます!」

今回は、奥尻島の病院で1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

奥尻島は、北海道南西部の日本海上に浮かぶ島です。

奥尻島の位置(Google Map)。

なぜ奥尻島で働くことを決めたのか? 奥尻島はどんなところなのか? また、なぜ奥尻島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで奥尻島で働いていたんですか?

――奥尻島を選ばれたのはなぜでしょうか。

私、都道府県で北海道が一番好きなんです。利尻島は働いたことがあるので、今度は北海道の他の島で働いてみたいと思っていました。良い求人がなかなか見つからなかった時に、たまたま北海道の奥尻島に求人があって選びました。

――奥尻島はどのような場所だと考えていましたか。

奥尻島を本で調べたら、「地震や津波によって被害を受けたが、復興を果たして新しい町が形成されている」と書かれていて。新しい町だからキレイだったり、発展して最先端だったりするのかなぁと考えていました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――奥尻島に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

奥尻島の病院で、月給25万円でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

病院の公宅(奥尻島の病院に勤務する職員の居住用に供する住宅)だったので、家賃はかかりませんでした。転居費用は半額提供がありました。

奥尻島ってどんなところですか?

――はじめて奥尻島に来て、島内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

奥尻島はキレイでした。地震や津波の影響で新しく建った建物が多かったです。大きな被害を受けたにも関わらずこんなにも復興できていて、人の力ってすごいなぁと改めて思いました。

奥尻島津波館

奥尻島津波館。画像:奥尻島観光協会様「公式サイト」より引用

海は瀬戸内海などとは違って荒れっぽくて、北海道の海って感じでした。

職場はお化けが出そうなくらいボロボロな病院でした。こんなんじゃ患者さんも嫌だろうな、せっかく観光客も多くいるのに体調が悪くなった時にこんなに古い病院だったら不安だろうな、と思いました。

薬剤師は1人いて、女性の方で、けっこう我が強いような感じの話し方で怖かったです。これからきちんとやっていけるのか不安になりました。が、自分の性格でしょうか。不安なことがあると、それを跳ね返したくなるんですよね。よし!やってやるぞ!と気合いが入るんです。不思議ですよね。なので働くことに決めました。

ちなみに、最終的にはその方とうまく行きましたよ。一緒に働いていくうちに、その方の我の強さは患者さんを思っているからこそだと感じたんです。分かり合えていたと私は思っています。

――奥尻島に来て初めて気付いた、奥尻島でのお仕事の良いところを教えて下さい。

町自体が新しくて建物がキレイでした。街並みを自転車で回ったりするだけでも楽しかったです。病院は古いですけど……(笑)。

また、奥尻島ではウニやアワビなどの高級な魚介類を食べることができました。漁師が多くて、漁師の患者さんと仲良くなったんです。その患者さんから、ウニの瓶詰やアワビなどをいただいていました。みんなで分けてもたくさん食べることができて、かなり贅沢な生活をしていました。

奥尻島の生ウニ

奥尻島の生ウニ。殻から取り出したばかりのウニは香りと甘さが違産んだとか……!画像:Venture Republic Inc様「LINEトラベルjp」より引用

奥尻島のアワビ

奥尻島のアワビ。島で養殖されているため1年中食べられます!画像:Venture Republic Inc様「LINEトラベルjp」より引用

――反対に、悪いところを教えて下さい。

買い物が不便でした。北海道の本土とつなぐ船の本数が少なく、本土まで買い物には行けないんです。なので、島だけで買い物することになるのですが、良い商店が無くて不便でした。

魚介類は安く手に入りますが、肉は高くて冷凍のものが多かったです。普通にスーパーで売られているような冷凍じゃない肉が無かったです。

――奥尻島に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

患者さんで重い喘息を患っている方がいました。その方は、ずっと奥尻島で育ってきた20代の方で、会社員をしながら病院に通っていて、月1で函館の大きな病院に行っていました。船の本数が少ないため1泊2日で函館の病院まで通っていたのが印象的でした。

その方は「旅行気分で行ってる」と言っていて、今は若いけど、年を取ったら体力的にもツラいだろうし、どうなってしまうのか心配になりました。

――奥尻島では車は必要でしょうか。また、普段どこで買い物されていましたか。

車は無いと大変です。私も車を持っていました。観光をする時は運動のために自転車で行くこともありましたけどね。

スーパーは全然無いんですけど、その中でもニコットというスーパーを利用していました。ここはホームセンターにあるようなものまで置いてあります。ですが、食料品では苦労しました。魚介類は手に入りますが、肉や野菜はあんまりです。

もっとスーパーがあれば良いと思いますが、奥尻島は南西沖地震の際に被災してしまい廃業を余儀なくされたお店もあります。なので、ニコットは本当に大切です。ここが無ければ食料品に困ってしまうと思います。

――最終的に奥尻島を出られた理由や経緯を教えてください。

やっぱり北海道は島じゃなくて本土で働きたい!って思ったんです。北海道の島はけっこう不便で、海も荒れることが多くて、船が欠航になることもあって……。

奥尻島は、街並みに飽きてしまったのも原因です。病院がボロボロでなんとかならないのかと思っていたのですが、予算の問題とかもあって自分ではどうにもならなくて。先生や職員の方々は良いのに病院が古くて、なんかもったいないなぁと思いました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、奥尻島を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

奥尻島では、ウニやアワビを食べてリッチな生活を送ることができますよ(笑)。ただ、魚介類は割といつでも手に入りますが、肉や野菜はあまり美味しくないです。北海道本土への便も悪いので、船を使って本土へ買い出しすることはできないと思っていたほうが良いです。

病院は古くてお化けが出そうなくらいでした。職員は良い方が多いので、職場が古くても大丈夫な方はぜひ働いてみてください。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!