SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、直島の魅力「自転車で一周できるコンパクトなアートの島!」

今回は、直島の調剤薬局で半年の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

直島は、小豆島と同じく瀬戸内海に浮かぶ島。香川県に属していますが、本州や四国と橋でつながっていないため、フェリーなどの船を使うことになります。

直島の位置(Google Map)。

なぜ直島で働くことを決めたのか? 直島はどんなところなのか? また、なぜ直島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで直島で働いていたんですか?

――直島を選ばれたのはなぜでしょうか。

瀬戸内海の島で働きたいと思っていたんです。以前、瀬戸内海の島である小豆島で働いたことがあるのですが、瀬戸内海の海がとても穏やかでキレイで、忘れられなくて……。それで、瀬戸内海にある島で求人を探していたら、直島が出てきたんです。

瀬戸内海

みかんさんが一度見たら忘れられなくなってしまった瀬戸内海。

――直島はどのような場所だと考えていましたか。

直島は、観光客が少なくて穏やかな時間が流れる場所だと考えていました。海辺でゆっくりコーヒーを飲んだり、音楽を聴きながら読書をしたり、そういうスローライフが送れる島だと思っていました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――直島に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

時給4,500円で、週4回勤務でした。残業もありませんでした。前の職場で疲れていたのでぴったりでした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

「ここで住むなら家賃はかからない」と言われた古い一軒家に住みました。古い一軒家でしたが、きれいにしてあり虫も全然でなくて快適でしたよ。
引っ越し先の家は家具がなかったので、自分で買わなければなと思っていましたが、
職場の方が家具や家電を買ってくれるということになったので良かったです。
ですので荷物も少なくすみました。

その一軒家以外だと、家賃補助は2万円まで出るそうです。私は古民家でも抵抗がなかったのでそこに決めました。家賃がかからないのはありがたいですよね!

転居費用は全額出ました。

直島ってどんなところですか?

――はじめて直島に来て、島内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

香川県の高松港から直島へ行きました。瀬戸内海の海が穏やかで、小豆島で働いていた頃を思い出して懐かしい気持ちになりました。

宇野港と直島と高松港を行き来する水玉模様のフェリー

宇野港と直島と高松港を行き来する水玉模様のフェリー、「なおしま」。Spaceaero2 [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

島に着くと、おじいちゃんやおばあちゃんが歩いていました。子どもが少ない島なのかと思いましたが、たまたまその時だけだったみたいです。

港まで薬局の方が迎えに来てくれましたが、それまで瀬戸内海を眺めていました。本当に穏やかでキレイで、眺めているだけで優しい気持ちになります。コーヒーでもゆっくり飲みたいなと思いました。薬局の方が迎えに来るのでさすがに飲みませんでしたけど(笑)。

直島の宮浦港

直島の宮浦港。草間彌生のアート作品、「赤かぼちゃ」が真っ先に目に入る。663highland [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

職場の調剤薬局は小さくてコンパクトな感じでした。最近は病院ばかりで働いていたので、余計に薬局がコンパクトに見えたのかもしれませんが。

退職予定の薬剤師がいて、1週間は一緒に働きました。事務員は2人いて、交代で働いているということでした。その時は事務員の1人にしか会いませんでしたが、物腰の柔らかい話し方で、優しそうな雰囲気で、うまくやっていけそうだと思いました。

――直島に来て初めて気付いた、直島でのお仕事の良いところを教えて下さい。

直島は広くないので、自転車があれば島を一周できちゃいます。車はあるに越したことはないですが、なくても生活できるほどコンパクトな島であるところが良いと思いました。私も車は持たなかったですし、大変な時もありましたが自転車でなんとかなりましたよ。

高松にも行きやすくて、高速船だと30分で高松港まで行けるんです。高松に行って買い物をしたり、友人や家族と温泉に泊まったりもしました。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

島が狭いので仕方ないのですが、恐ろしいほど噂が広まります。変な噂まで広まって住みにくかったです。

私は「病院の医師と不倫している」など変な噂を流されて大変でした。その医師は面白い方だったので、よく会って話はしていましたが……。

――直島に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

船で通勤通学している方がほとんどでした。船の本数も多いので、島外に通勤通学しやすいんですよ。普通のサラリーマンやOL、専門学生や大学生も、船に乗って島外へ通勤通学していてびっくりしました。

高校は島外になるので島から離れて下宿や寮で暮らすしかない、という島が多いんです。でも、直島は高松とのアクセスが良いので自宅から通えるんです!

――直島では車は必要でしょうか。また、普段どこで買い物されていましたか。

車はあるに越したことはありませんが、無くても生活できます。私も車は持たなかったです。高松や宇野まで行けば服を買うこともできるし、食料品の買い物も自転車でCO-OPに行って済ませていました。直島にはセブンイレブンも100円ショップもあるので便利です。

――最終的に直島を出られた理由や経緯を教えてください。

職場で事務員とうまくいきませんでした。

事務員2人のうちの1人が、通信教育で勉強したような方だったんですよ。もう1人はベテランでしたが、勤務日の都合上、2人が同じ日に勤務することはできなかったんです。

請求の仕方など全然わかっていなくて。私も事務のことはあまりわからなかったので、以前働いていた時の事務の方に連絡をして教わって。……って、なぜか私まで事務の勉強をすることになっていて、疲れてしまいました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、直島を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

直島は車がなくてもあまり不便を感じず住める島です。都会だと車の運転が苦手な方が多いと思いますが、直島なら車の免許を取らなくても普通に生活できますよ。高松も近いので、買い物や旅行などにも出かけやすいです。

ただ、狭い島なので変な噂が広まりやすいので、その点は注意したほうがいいです。

瀬戸内海はとてもキレイなので、ぜひ働いてみることをオススメします!

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!