SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、群馬県長野原町の魅力「大自然を満喫できる北軽井沢!草津温泉が近いので通っていました」

今回は、群馬県長野原町の調剤薬局で8ヶ月の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

長野原町は、群馬県の北西部に位置する町です。

群馬県長野原町の位置(Google Map)。

なぜ群馬県の長野原町で働くことを決めたのか? 長野原町はどんなところなのか? また、なぜ長野原町を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで群馬県長野原町で働いていたんですか?

――群馬県長野原町を選ばれたのはなぜでしょうか。

この時は気分的に引っ越しが面倒くさくなっていました。なので、前に働いていた山梨県からあまり遠すぎない場所で探していました。

その中でも長野県は、昔、家族旅行で行ったことがあり、山が綺麗で、お蕎麦が美味しくて、本当に良いところだったので、長野県で働きたいって思ってました。軽井沢がいいなぁと思い、軽井沢あたりで求人を探してたのですが、いいところがなくて……。

そんな時に、群馬県の長野原町に求人がありました。長野県じゃないけど長野原って似てるし、働いてみよう!って思ったんですよね(笑)。

――群馬県長野原町はどのような場所だと考えていましたか。

長野原町は、長野県と同じで山が綺麗でお水が美味しい場所だと考えていました。

後に知ったのですが、長野原は北軽井沢って呼ぶんだそうです。長野県じゃないけど、軽井沢で働きたいという目標は達成!?しましたね(笑)。

給料とかってどんな感じなんですか?

――群馬県長野原町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

月収は30万円です。

子どもが小学校低学年までであれば時短勤務もあって、午後3時までの勤務か、時間をズラして朝を遅くする勤務か、選べるんですよ。薬剤師も事務員も、この時短勤務を使ってる方が多かったです。

また、有給休暇も時間単位で取得できるんです。今までの職場では半日単位だったので、びっくりしました。用があって早く帰ったり、中抜けをしたりする時には便利だと思いました。

面接時に、「職員の幸せを考えている職場」と伺い、ぜひ働いてみたいと思いました。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃補助は3万円、転居費用は全額提供がありました。

群馬県長野原町ってどんなところですか?

――はじめて群馬県長野原町に来て、町内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

長野原町は北海道に似ていました。町の見学にも連れて行ってもらったのですが、すごく広大な牧場があって、青空の下で牛たちが放牧されている光景が北海道と重なりました。北の軽井沢と呼ばれているので山が多くて空気がキレイで、ここが好きで移住してきた人が多いだろうなぁと思いました。

浅間牧場

浅間牧場。たしかに北海道みたいですね……!画像:北軽井沢観光協会様「公式サイト」より引用

職場は、薬剤師が1名で、非常勤の薬剤師がもう1名でした。この非常勤の方は、混雑する曜日、他の薬剤師が休暇をとる時に出勤します。事務員は3名でした。みなさんバリバリ働いている感じで、田舎らしさはなかったです(笑)。

――群馬県長野原町に来て初めて気付いた、群馬県長野原町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

長野原町は草津温泉が近いんですよ。バスや車で30~40分くらいで草津温泉に行けちゃいます。私は温泉が好きなので何度も通っていました。一人でも行っていましたし、職場の方や近所の方とも行っていました。

草津温泉はやっぱり有名なだけあって違いますよ。キレイですし、大きい露天風呂もあって開放的で、とにかく癒されます。

湯畑

草津温泉のシンボル、湯畑。画像:(一社)草津温泉観光協会様「湯LOVE草津」より引用

湯もみ

草津温泉名物、湯もみ。画像:草津温泉観光協会様「草津温泉 熱乃湯」より引用

――反対に、悪いところを教えて下さい。

職場がバリバリ働く感じで、都会とあまり変わらないな、と思いました。もちろん患者さんのためを思ってみなさん働いているのですが、バリバリしてました。残業も普通にありました。毎日1時間以上は残っていましたね。

――群馬県長野原町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

職場に主婦の方が多かったんですよ。薬剤師は2人とも男性でしたが、看護師の奥さんと子どもがいて。私以外、みんな子どもがいるんです。だから時短勤務の方が多くて。残業で遅くなった時や、子どもが先に学校が終わった時は、子どもが祖父母と一緒に、親を迎えに薬局に来たりして、待合所みたいになっていました(笑)。

患者さんも薬局を待ち合わせ場所のように利用していて、薬局は薬をもらうための場ではなく、地域の一つなんだと感じました。

――最終的に群馬県長野原町を出られた理由や経緯を教えてください。

自分の考えていた生活や仕事とは違いました。田舎でのんびり働きたいと思っていた私には、残業が多かったり、研修や出張があったりして、違うなぁって思いました。また、時短勤務によって自分に業務のしわ寄せがくることが多くて、ちょっとしんどくて退職することにしました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、群馬県長野原町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

長野原町は北軽井沢と言われれいるだけあり、自然がとっても良かったです。

鬼押出し

鬼押出し。天明3年(1783年)の浅間山大爆発によって噴出された溶岩の凝固地帯。画像:北軽井沢観光協会様「公式サイト」より引用

浅間大滝

浅間大滝。北軽井沢周辺で最大の滝と呼ばれている。画像:北軽井沢観光協会様「公式サイト」より引用

しかし、私の職場だけなのかもしれませんがバリバリした感じで、田舎らしさを仕事からは感じ取ることができませんでした。新人研修、経験年数別研修、出張などがあったり、ミーティングも頻繁に行われていました。私も、新人研修に参加したり出張で他県に行ったりしていました。都会で消耗したから田舎でのんびり働きたいと考えている方には不向きかもしれませんが、田舎でスキルアップしたいという方にはオススメの環境です。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!