SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、北海道枝幸町の魅力「毛ガニ漁日本一の町! もらって食べていましたw」

今回は、北海道枝幸町の病院で1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

北海道枝幸町は、道北にあり、毛ガニ漁日本一の町です。ホタテや秋鮭も有名で、オホーツク海でとれる海産物は一級品!

北海道枝幸町の位置(Google Map)。

なぜ北海道枝幸町で働くことを決めたのか? 枝幸町はどんなところなのか? また、なぜ枝幸町を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで北海道枝幸町で働いていたんですか?

――北海道枝幸町を選ばれたのはなぜでしょうか。

前に働いていた八雲町の病院で医師にオススメされました。

その医師は枝幸町出身だったんです。やっぱり都会に人が流れてしまうみたいで、枝幸町では働く人が少なく、特に国家資格が必要な仕事は人材が集まらないそうです。事務員で働きたい人は多いみたいですが。

薬剤師は特に不足していると聞いて、働きたいと思いました。そして、その医師から枝幸町の病院を紹介していただきました。

――北海道枝幸町はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

枝幸町出身の医師から、「魚介類が美味しいよ。毛ガニがたくさん漁れてたくさん食べられるよ」と聞いていました。今まで色んな場所で働いて、珍しいものをいただいたりしていましたが、さすがに毛ガニをたくさん食べられるところ無かったので初めてでした。私はグルメな人間なので、とてもワクワクしました(笑)。

給料とかってどんな感じなんですか?

――北海道枝幸町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

枝幸町の病院では、手取りで月30万円でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃補助も転居費用も全額提供ありました。

誕生日休暇が1日、リフレッシュ休暇が3日、子どもの看病休暇が5日など、田舎では珍しい休暇もありました。皆さん高い割合で休暇を取っていましたね。私も1年の間でかなり休みを取っていました。ちなみに、誕生日休暇っていう名目なんですが、誕生日じゃない日に取ってもいいので、名前だけの休暇でした(笑)。

北海道枝幸町ってどんなところですか?

――はじめて北海道枝幸町に来て、町内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

枝幸町は、鉄道が廃線になっていて駅が無いので、札幌からバスで行きましたが、5〜6時間くらいかかりました。バスのシートが硬くてお尻が痛くなりました……。そんなバス内は満席に近いような状態だったので、みんながわざわざ札幌から枝幸町、または枝幸町から札幌に行く意味は何なのか、気になりました。

枝幸町に着いてバスを降りると、バスターミナル付近は何もありませんでした。鉄道マニア?廃線マニア?の方が写真を撮っていましたが、他には誰もいませんでした。空を見上げると「北海道だ!」という感じの絵に描いたような空が広がっていて、しばらくぼーっと見惚れていました。

職場の方が迎えに来てくださり、職場である病院に行きました。町の病院っていうと、患者さんの少なさや町の予算から、どこも狭くて古いイメージなのですが、枝幸町の病院は広くてキレイで医療にも力を入れていると感じられました。

薬剤師は2人いましたが、1人は大学病院から派遣で来ていて、私が来たら大学病院に戻りました。病院の考えとしては、薬剤師を確保して大学病院の派遣ではなく常勤の薬剤師を確保したかったみたいです。一緒に働くことになる薬剤師と話してみると素っ気ない感じでした。人見知りなのか、話したくないのか、わかりませんが、なんか嫌な感じだなぁって思いました。

――北海道枝幸町に来て初めて気付いた、北海道枝幸町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

枝幸町は、食べ物がとても美味しかったです。さすが北海道!って感じです。毛ガニ、ホタテ、ホッケ、タコが特に美味しかったです。毛ガニは高価なのに時々いただいていました。漁師さんの知り合いも多くできました。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

職場の人間関係があまりよくありませんでした。

広い病院なので職員数も多く、話しやすい方もいましたが、都会の病院と変わらないような薄い人間関係の方もいました。私の場合、もう1人の薬剤師とうまくいきませんでした。その方は仕事のこと以外は全く話さないんですよ。仕事の話はきちんと情報共有してくれますが、他のことは聞いても教えてくれないので、何も知ることができませんでした。

仕事で円滑に進めるためには、相手を知ることも大切だと思うんですよ。プライベートを全て知るのは気持ち悪いですが、どういう方なのか知ることは大切だと思います。仕事以外の会話が無かったので、仕事自体も面白くありませんでした。

――北海道枝幸町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

冬が寒くて寒くて大変でした。寒いというと、どれくらいの寒さを思い浮かべますか?

枝幸町では、マイナス20℃の時があったんですよ。濡れたタオルを回してみたら凍るっていうの、テレビで見たことあるかと思いますが、実際にやってみたら本当に凍って固まってしまいました……。びっくりしましたし、身の危険も感じましたね(笑)。

他にも、玄関フードといって、玄関がガラスの小部屋で覆われているのですが、その玄関フードにビールを置いてお風呂に入ると上がる頃にはキンキンに冷えていて、まるで天然の冷蔵庫でした。

帰宅しても暖房をつけてから部屋が暖まるまでにすごく時間がかかるので、なかなかくつろげないこともありました。

――最終的に北海道枝幸町を出られた理由や経緯を教えてください。

仲良くしてくださった方もいたのですが、薬剤師同士の人間関係がうまくいかなかったので退職することにしました。仕事も円滑に進まないのでストレスが溜まってしまいました。

退職の相談は、仲の良い看護師さんにしたのですが、めちゃくちゃ止められました。親身に話を聞いてくださる方でしたが、最終的に私の退職するという考えを尊重してくれました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、北海道枝幸町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

枝幸町は冬がとても寒いので、冬に住むには覚悟がいると思います。

病院は広くてキレイですが、医療設備が整っていて人間関係も薄っぺらい感じで、田舎のスローライフな感じは無かったです。田舎の自然を感じつつ、都会のような整った医療設備のある病院で勉強をしたり経験を積みたい方には向いているかもしれません。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!