SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、島根県川本町の魅力「山に囲まれた音楽の町! 蛍を見ることもできます」

今回は、島根県川本町調剤薬局で半年の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

島根県川本町は、島根県の中央部にある町です。町内の島根県立川本高等学校が全日本吹奏楽コンクールで優勝、金賞を飾ったことから、「音楽の町」を宣言しています。

島根県川本町の位置(Google Map)。

なぜ島根県川本町で働くことを決めたのか? 川本町はどんなところなのか? また、なぜ川本町を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで島根県川本町で働いていたんですか?

――島根県川本町を選ばれたのはなぜでしょうか。

直島で働いていたので、そんなに遠くない場所で探していました。

また、あまり有名じゃない場所がいいなぁと思っていたら、ふと、島根県が浮かんだんです。島根県って今では出雲大社とかで有名ですが、自分は全く興味なかったんですよ。どこにあるのかすら曖昧で……って、島根県の方ごめんなさい(笑)。

その時に川本町の求人があって、えごまっていう体に良いといわれているものがとれる町と知って、健康そうな町!と思って、住んでみたくなりました。

――島根県川本町はどのような場所だと考えていましたか。

川本町は、えごま油をよく使っていて、健康な人が多くて、病院にかかる方も少なくて、薬局もあんまり混まないんじゃないかと思っていました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――島根県川本町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

川本町の調剤薬局で、月給30万円でした。週5勤務、残業なし、でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃補助も転居費用も全額提供がありました。

島根県川本町ってどんなところですか?

――はじめて島根県川本町に来て、町内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

川本町は山がキレイでした。最近は海ばかり見ていたので、山がキレイな場所は久しぶりで、新鮮な気持ちになりました。ただ、他は何も無く、本当に田舎っていう感じで、目立った観光スポットもありませんでした。

職場は、外から見ると普通の調剤薬局でしたが、中に入ると、患者さんの見えないところが汚かったり整理されていなかったりしていました。

薬剤師は1人、事務員は3人いました。事務員は3人で交代でまわしていましたが、薬剤師は1人しかいなかったので、休む時は調剤薬局を経営している会社に相談して、会社から薬剤師が派遣される仕組みになっていたそうです。今回は薬剤師の増員のための募集でした。

――島根県川本町に来て初めて気付いた、島根県川本町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

川本町は、山がキレイでゆっくりできる感じでした。山のほうへ行くと蛍も見れるほど自然豊かです。

音楽の町」と言われていて、町ではよくコンサートが開かれていました。私は音楽が好きなので、コンサートに足を運んでストレス解消していました。合唱、吹奏楽、オーケストラ、ピアノなどを聴くことができました。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

買い物をするのに店がイマイチです。一応スーパーはありましたが、品揃えが悪くて微妙でした。

私は、広島で買い物したほうが松江に行くより近いし安いものも手に入るので、広島まで行って買い物していました。広島までは車で2時間くらいかかりました。

――島根県川本町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

川本町では、私が交流のあった全ての家庭でえごま油を料理に使っていました。えごま油は、えごまという葉からそれからとれた油です。えごまが有名だということは知っていたのですが、ここまで町に浸透しているとは……驚きです!

えごま油は、料理にかけたり、つけだれにしたり、ふりかけにしたり、いろんな使い方をしていましたよ。私は納豆にかけたりしていました。健康への効果はあったかわかりませんが、主張しすぎない味で、どの料理にも合うと思いました。

えごまで健康な方が多い町というイメージでしたが、薬局のほうは意外に混んでいました(笑)。

――最終的に島根県川本町を出られた理由や経緯を教えてください。

会社の方針に合わなかったので出ました。会社というのは、調剤薬局を運営している会社です。のど飴やマスクなどの売上ノルマがあって、月に60袋売らなきゃいけないとか……そんなの絶対無理ですよ(笑)!会社の方が月1で来て、ノルマ達成できていなければ叱責されるのですが、毎回怒られていました。会社の方とも話し合いましたが、うまくいかず、出ることにしました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、島根県川本町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

川本町は、海に飽きた人や山が好きな人にオススメです。空気が澄んでいて、蛍も見ることができます。コンサートが多く開かれているので、音楽が好きな方は都会に行かなくても音楽を楽しめますよ。

ただ交通の便が悪いので、買い物をするにも車が必要です。薬局でも実際、在宅訪問があって車が必要でした。車が運転できないとキツいと思います。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!