SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、宮崎県川南町の魅力「川南産バナナが美味しすぎてハマりました!」

今回は、宮崎県川南町ので1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

宮崎県川南町は、宮崎県の中部にある町で、日本三大開拓地の1つです。

小豆島の位置(Google Map)。

なぜ宮崎県川南町で働くことを決めたのか? 川南町はどんなところなのか? また、なぜ川南町を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで宮崎県川南町で働いていたんですか?

――宮崎県川南町を選ばれたのはなぜでしょうか。

宮崎牛を食べたいなぁと思って選びました……(笑)。

離島へき地を転々としている中で、宮崎県川南町出身の方と仲良くなりまして、その方とたまたま連絡していたんです。宮崎牛はその方から2度いただいたことがあったのですが、また食べたいなぁと思って、川南町について聞いてみたんです。それで話を聞いたら働いてみたいと思い、選びました。

――宮崎県川南町はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

その川南町出身の方からは、「川南町は宮崎牛を育ててる酪農家が多いよ。北海道みたいな感じかもね。北海道行ったことないけどさ(笑)」と聞いていました。

私はその方から話を聞いて、川南町は北海道のような雄大な牧場があって、青空がとてもキレイで、自然豊かな場所だと想像していました。小さい町で何もな無いけど、散歩していて空気が美味しい、みたいなイメージです。

給料とかってどんな感じなんですか?

――宮崎県川南町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

月収33万円でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃補助は3万円までだったので、自分で残りの3万円を支払っていました。転居費用は全額提供がありました。

それから、勤務先の病院で受診すると医療費が無料になるという制度がありました。私は受診する機会がありませんでしたが、他の方は、風邪を引いて受診したり、肩こりのため湿布をもらったりしていました。忙しくてなかなか病院にかかれないという方でも自分の勤務先で受診できるし、給料日前とかで金銭面が厳しくても無料なので助かる制度だと思いました。医療費が増えるという面もありますが、職員には有難いですね。

宮崎県川南町ってどんなところですか?

――はじめて宮崎県川南町に来て、町内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

川南町は、けっこう発展していて便利が良い町でした。

川南町ってこんなところ。

職場の病院も大きく、その日は平日で外来がやっていたのですが患者さんもかなり多かったです。椅子を出しても座れない患者さんがいるくらいでした。事務の方は会計ですごく大変そうで、看護師は走り回っていました。忙しそうで、ちょっとイメージとは離れていました。

ですが、面接の際、面接官である事務長と薬剤師がとても良い人だったんですよ。話も弾んで楽しくて、ここで働くと決めました。

――宮崎県川南町に来て初めて気付いた、宮崎県川南町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

町内で買い物が済むので利便性が良かったです。安売りをしているお店もありました。車がない方でも、住む地域によっては問題なく生活できると思います。また、観光地が少ないので観光客があまりいなくて過ごしやすかったです。

美味しい宮崎牛も食べることができて良かったです。宮崎牛を育てている方と知り合いになると、知り合い価格で買うことができるんですよ。なので、宮崎牛が安く手に入りました。

宮崎牛

宮崎牛。画像:公益社団法人宮崎県物産貿易振興センター様「公式サイト」より引用

飯テロ

これはとんでもない飯テロ……。画像:公益社団法人宮崎県物産貿易振興センター様「公式サイト」より引用

――反対に、悪いところを教えて下さい。

休日が楽しめませんでした。レジャー施設とかじゃなくて、海沿いで読書をしたり景色を見ながらのんびり過ごしたりしたかったのですが、そのようなスポットがありませんでした。

なので、休日は家にいるか散歩するくらいしかなかったです。散歩をしても景色の良いスポットも無いから飽きるし、公園で読書をしても子どもが多くて賑やかで集中できないし。自分を癒せるような場所が無かったです。

――宮崎県川南町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

川南町のバナナが美味しすぎてめちゃくちゃハマりました! バナナって普通のでも甘いんですけど、川南町のバナナは本当に甘いんです。ねっとりしていて、すごく甘いんです。しかも農薬を使っていないとか。

このとんでもなく美味しいバナナを近所の方からよくいただいていました。もうスーパーのバナナとは比較できないです……(笑)。

宮崎太陽のバナナNEXT716

宮崎太陽のバナナNEXT716。市場に出回るバナナのほとんどが輸入ものである中、希少価値の高い川南産のバナナです。画像:川南町役場会計課ふるさと納税様「川南気質」より引用

 

――最終的に宮崎県川南町を出られた理由や経緯を教えてください。

休日の楽しみが無いので出ることにしました。自分でいろいろ楽しそうなスポットを見つけようとはしたのですが、町の中にはありませんでした。ガソリン代をかなりかけて遠出するのはもったいないし疲れるので、あまり遠出はしませんでした。仕事がいくら良くても休みの日も楽しめないと、結局意味が無いと思いました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、宮崎県川南町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

川南町では、休日の楽しみが自分にはありませんでした。あまり遠出したくなかったり自家用車を持っていなかったりする方は、住んでいても暇で飽きてしまうのではないかと思います。インドア派なら良い場所とは思うんですけどね。

職場は忙しいですが、いろんな患者さんが来るので勉強になると思います。研修制度が整っているし、新人教育も充実していますよ。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!