SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、石垣島の魅力「都会的な島で便利。島で発展した医療現場で働きたい人にオススメです」

今回は、石垣島の病院で1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

石垣島は、沖縄県八重山諸島の中の一つで、沖縄県の島の中では、沖縄県本島、西表島に次いで3番目に面積が大きい島です。

石垣島の位置(Google Map)。

なぜ石垣島で働くことを決めたのか? 石垣島はどんなところなのか? また、なぜ石垣島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで石垣島で働いていたんですか?

――離島へき地の旅の始まりが、石垣島の病院ですが、他にも離島へき地はあると思います。石垣島を選ばれたのはなぜでしょうか。

私が数ある離島へき地の中で石垣島を選んだ理由ですが、まず、自分が思いついた離島へき地の求人を検索していました。その際、石垣島がインパクトが一番強く、目に止まりました。私は山ばかりある街で育ってきたので、海が近くにある石垣島は以前から行きたいと思っていた場所でした。

石垣島は暖かい場所で海がある、というイメージしかありませんでしたが、調べてみると自分の想像を超えるとてもキレイな海の画像がたくさん出てきて心惹かれました。

青の洞窟

青の洞窟。洞窟内が青色に光る、石垣島の神秘的なスポット。画像:株式会社ShumMaKe様「石垣島ツアーズ」より引用

見てください、この透明度……

見てください、この透明度……。画像:株式会社ShumMaKe様「石垣島ツアーズ」より引用

病院も多くあり、自然を残しつつも発展しているイメージを持ちました。そして、石垣島のことを調べれば調べるほど、石垣島の魅力にとりつかれ、最初に行きたい離島として決めました。

――石垣島はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

石垣島のことは調べていたし、海がとてもキレイで、暖かく、きっと島の人たちも温かい性格の方が多いだろうと思っていました。

石垣島へ行くことを知人、友人、前の職場の同僚などに話すと、「すごい田舎だし何もないんじゃないの?」「医療は発展してなさそう」と、不評でした。行ったことのある前の職場の同僚にも話しましたが、「それなら那覇とか都市部の方がいいし、自分は旅行で石垣島に行ったけど何もなくて物足りなかった」とのことでした。

自分は石垣島に対してプラスのイメージを持っていましたが、周りはマイナスのイメージを持った方が多かったです。

――離島に行きたいと考えたきっかけとなったのは佐渡島とのことでしたが、まず佐渡島に行くことは検討されなかったのでしょうか。

佐渡島が離島へき地で働くきっかけでしたが、その時あった佐渡島の求人は、正社員で長く勤務できる方で、給料もかなり安く、自分の条件とは合いませんでした。石垣島の方が私の条件とあっていてインパクトも強かったので、石垣島にしました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――石垣島に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

時給2,000円で、夜勤や待機なし。基本的に月曜日から金曜日までの勤務で、月1で土曜日の勤務がありました。

また、賞与が1ヶ月分程度出ました。誕生日にはお休みしても良いですし、有給休暇も取りやすい環境でした。時間外もなく、お昼休みも1時間しっかり確保されており、働きやすい環境でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃は5万円でしたが、家賃補助で3万円の提供があったので、実際に自分で支払っていたのは2万円でした。転居費用は全額負担してくれました。

家は職場でいくつか候補を挙げてくれて、その中から選びました。引っ越しは大変ではなかったです。家電や食器などがついている家だったので、自分の荷物はあまり持って行かず、宅配便で済みました。

石垣島ってどんなところですか?

――はじめて石垣島に来て、島内や職場の病院を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

石垣島の病院の求人に応募したらすぐに連絡が来て、面接と職場見学に行きました。

石垣島に到着して感じたのは「暑い!」。風もあまりなく、とにかく暑くて暑くて。本当にここでやっていけるのだろうか、と少し不安に思いました。

交通の便は思ったよりも良く、都会でした。田舎を想像していたので驚きました。

だいたい

石垣島の路線バス。ほぼ島内全体を網羅する形で走っています。画像:株式会社たけしょう様「石垣島ねっと」より引用

職場の病院も見学しましたが、思ったより発展的でした。最新の医療機器も取り入れていて、掃除もきちんとされていて、とてもキレイでした。島の病院だから医療も遅れていると思っていましたが、全然そのようなことはなく、むしろ東京の郊外の病院の方が遅れていると感じられるほどでした。

――東京の郊外の方が遅れている、と感じた具体的なエピソードをひとつ教えてください。

以前、東京の郊外の病院で受診したことがあるのですが、取り扱われている薬も少なく、CTなどの機械もなく、血液検査もその病院で結果を出せないため何日もかかりました。また、医者や他のスタッフもあまり勉強熱心ではない印象を受けました。

一方、石垣島の病院はCTもあり、血液検査も多くの項目がその日に結果が出ます。最新の技術や医療を取り入れようとする姿勢もあり、東京の郊外の病院より発展していました。また、医者や他のスタッフも勉強会を開いたり、お互い知っている情報を教え合ったりする場が多かったです。

――石垣島に来て初めて気付いた、石垣島でのお仕事の良いところを教えて下さい。

島の人たちが優しいことです。島は自分が思っていたより都会的でしたが、人はとても優しいです。地図を片手に職場の病院を探していた時も、声をかけてくれて、優しく教えてくれたり、車で送っていくかい?と言ってくれたりしました。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

医療が発展していたり建物が多く建っていたり、島らしさが失われていると感じたことです。

――石垣島に来てびっくりしたことや、笑えるエピソードなどがもしあれば教えて下さい。

石垣島勤務中に結婚式に呼ばれたのですが、この結婚式がとてもびっくりしました。

親族は送迎車が出るのですが、親族が乗る車の後ろには、ハートの形で囲んだ新郎新婦の顔を飾っているんですよ。

結婚式の規模も大きく、400人くらい呼ばれていて、みんなで沖縄民謡を踊ったりして楽しい式でした。石垣島の人たちは親戚や友人同士の結束が強いので、こんなにたくさんの人を結婚式に呼ぶんだなと納得しました。

――石垣島では車は必要でしょうか。また、普段どこで買い物されていましたか。

石垣島は発展している島ですが、車があったほうが海にも行きやすいし買い物もしやすいです。

買い物は、南星スーパーをよく利用していました。食料品が安く売っていて、いつもお客さんがいてレジに並ぶこともありました。石垣島ならではのパイナップルが安く売られていたり、チャンプルーに使うもやしが本州のスーパーでは考えられない2.5~3倍ほどの量だったりするんです。

観光客はお土産物屋さんでお土産を買う方が多いですが、スーパーで買ったほうが変わったものがあったり安く買えたりするのに、と思っています。そんな私は、実際に家族や友達に石垣島のものを送る時はスーパーを利用していました。石垣島の美味しい塩とか泡盛とか、スーパーで買ったほうが安かったですよ。

――最終的に石垣島を出られた理由や経緯を教えてください。

島ですが不便もなく、職場でも良い方々に恵まれていました。しかし、私が求めているのは発展している島ではなく、田舎のような島でした。どこか違う……という気持ちを抱えながら働いていましたが、どうしてもストレスが溜まってしまいました。

他に行きたい場所も見つかったので、1年で退職することにしました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、石垣島を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

石垣島はとても便利な島です。島で発展した医療現場で働きたい人にはオススメです。しかし、都会から離れたい人には騒がしいので、あまりオススメできません。

島の人たちは優しく、車で少し走れば海も近い環境です。ただとにかく暑いので、暑さに弱い人はキツいです。私も暑さに弱く、慣れるまでに苦労しました。年中暑く、季節感もあまりないので、季節感を味わいたい方にはイマイチですね。

薬剤師の仕事もたくさんありますし、仕事には困らないと思います。ぜひ、石垣島で働いてみてください。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!