SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、北海道羽幌町の魅力「本土で働きながら2つの離島も楽しめます」

今回は、北海道羽幌町の病院で1年間の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ島。香川県に属していますが、本州や四国と橋でつながっていないため、フェリーなどの船を使うことになります。

小豆島の位置(Google Map)。

なぜ小豆島で働くことを決めたのか? 小豆島はどんなところなのか? また、なぜ小豆島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで北海道羽幌町で働いていたんですか?

――北海道羽幌町を選ばれたのはなぜでしょうか。

羽幌町で働いている看護師の友人に誘われたことがきっかけです。その友人は高校時代からの仲なのですが、北海道が好きで北海道で働いています。私が隠岐の島で働いている時にも電話やメールで色々と話を聞いてくれていて、その時に「羽幌町で薬剤師が足りない」と聞き、働くことに決めました。友人と働くってワクワクする!と思ったのですが、その友人は退職してしまい、一緒には働けませんでした。

――北海道羽幌町はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

その友人からは、「羽幌町は昔、炭鉱があった場所で、夕日がキレイだよ。働いていて、呼吸器や心臓系の病気を患っている人が多いと感じたよ」と聞いていました。循環器系の病気の専門的な薬はあまり扱ったことがなかったので、勉強できる!と思いました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――北海道羽幌町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

月収30万円でした。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

最初は公宅に住んでいたので家賃はかかりませんでしたが、壁が薄かったり、お風呂が狭すぎたり、キッチンも狭くてガスコンロが1つしかなかったり。不満だらけだったので引っ越しました。

その時に住宅手当が4万円まで出て、自分では2万円払っていました。転居費用は全額提供ありました。

北海道羽幌町ってどんなところですか?

――はじめて北海道羽幌町に来て、町内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

羽幌町は寒くて、「北海道に来た」という感じでした。この時は秋だったのですが、北海道は秋でも寒いんですよ。町は発展していなくて、田舎です。本当に何もありませんでした。

職場の病院は大きくて、都会の病院のようでした。かなり混んでいましたが、外来患者は院外処方なので、混雑はあまり関係ありませんでした。約100人もの患者が入院していると聞き、忙しいのかなと思い、隠岐の島での恐怖が蘇りました。

面接では残業について聞きましたが、嫌がられることなく誠実な返答をいただけました。残業は月20時間以内で、20時間になることも滅多にない、とのことでした。また、遅くまで残業した翌日は、遅い時間から出勤しても良かったり休みにすることもあったりするそうで、働き方をしっかり考えていると思い好感を持つことができました。

――北海道羽幌町に来て初めて気付いた、北海道羽幌町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

羽幌町は、天売島焼尻島にアクセスしやすいのが良いところです。1時間~1時間半ほどで行くことができるんです。

左の方にある2つの島が、天売島と焼尻島です。(Google Map)。

島も好きな私には、天売島と焼尻島にアクセスしやすいというのが嬉しくて、休日によく行っていました。

天売島には珍しい鳥が多いので、バードウォッチングをしに行ってウトウという鳥を探してみたり、絶壁を見ることができる展望台へ行ったりしていました。焼尻島にはお花や原生林が多いので、可愛いお花を探したり、羊を見て癒されたりしていました。

――反対に、悪いところを教えて下さい。

何もないところです。羽幌町、本当に何もないんですよ。

観光名所っていう場所もないし、夕日はキレイだけどなんか中途半端。夕日のキレイさを町がもっとアピールすればいいのに、と思ってしまいました。

スーパーとかはありましたが、私の感覚ではイマイチでした。さびれたようなスーパーで、どうしても必要なものとか時々お菓子を買いに行くだけでした。

――北海道羽幌町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

羽幌町で働いていた友人から聞いたように、やっぱり呼吸器や心臓系の疾患の方が多かったです。

とある70代前半の男性も呼吸器の病気で入院されていたのですが、もう治らない方でした。その患者さんは遠くの高度最先端な病院へ行かず、羽幌町の病院でしか治療していませんでした。「羽幌町が好きだから、ずっと羽幌町にいたい」という気持ちがあって、ずっと羽幌にいたんです。

本人の気持ちを尊重しようと、医師、看護師、薬剤部、リハビリなど、様々な職員が会議を重ねました。羽幌町の病院は呼吸器に強い先生もいたので治療をすることもでき、結果的に羽幌町の病院で亡くなってしまいましたが、本人の希望を叶えられたので良かったと思います。

――最終的に北海道羽幌町を出られた理由や経緯を教えてください。

羽幌町には約1年いましたが、ちょっと飽きてしまったのが理由です。正直に言うとかなり失礼なのですが、羽幌町の中でお気に入りのスポットがなく、天売島や焼尻島、旭川市ばかり行っていたんです。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、北海道羽幌町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

病院は都会と比べれば小さいほうですが、田舎にしては大きく、良い機材も入っていました。仕事はチームという感じでした。重病な患者さんがいたら医師、看護師、薬剤師などで話し合いを重ねます。医師の意見が絶対という雰囲気もなく、新人の私も発言でき、風通しが良いです。

職員は羽幌出身者や道外から来たスタッフなど様々でした。仲の良い人もできて一緒に旭川に買い物に行ったり、天売島や焼尻島、稚内に観光しに行ったりしていました。

羽幌町は島へのアクセスがいいので、島も好きという人にはオススメな場所です。ただ、羽幌町内には良いスポットが全くありません。車があって長距離運転もできる方は、休日は旭川とかに行った方が楽しめますよ。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!