SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、奄美大島瀬戸内町の魅力「満天の星空が本当にキレイ!家の前にチェアとテーブルを置いて眺めていました」

今回は、奄美大島瀬戸内町の調剤薬局で半年の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。奄美大島での勤務は2回目で、1回目は奄美大島の奄美市でした。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

奄美大島瀬戸内町は、奄美大島の南部に位置し、複数の離島を有する町です。

奄美大島瀬戸内町の位置(Google Map)。

なぜ奄美大島瀬戸内町で働くことを決めたのか? 瀬戸内町はどんなところなのか? また、なぜ瀬戸内町を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで奄美大島瀬戸内町で働いていたんですか?

――奄美大島瀬戸内町を選ばれたのはなぜでしょうか。

ちょっと、南の方が恋しくなりまして……。奄美大島で仲良くなった方と連絡をとっている時に、どこかいいところない?と相談をしたら、奄美大島の瀬戸内町を教えてもらいました。

――奄美大島瀬戸内町はどのような場所だと考えていましたか。あるいは、人からどのような場所だと聞いていましたか。

その人から「瀬戸内町は星がとってもキレイだよ」と聞いていたので、晴れた日には星が夜空いっぱいに広がってるのかなぁと想像していました。

給料とかってどんな感じなんですか?

――奄美大島瀬戸内町に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

年収で750万円程度でした。給料は良かったですね。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

転居費用の提供は一切ありませんでした。家賃補助は2万円まででした。珍しい手当も特に無かったです。

奄美大島瀬戸内町ってどんなところですか?

――はじめて奄美大島瀬戸内町に来て、島内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

久しぶりの島で嬉しかったです。島に着くと、初めての場所でも「帰ってきた」という気持ちになるんですよね、変ですけど(笑)。海の良い匂いがして、その香りだけでも癒されてリラックスできました。

古仁屋

高知山展望台から見た古仁屋(瀬戸内町の大字)の中心部。画像:岩元剛 Tsuyoshi Iwamoto [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

職場は、島という感じではなく、都会の普通の薬局みたいでした。掲示物もなくて、なんだか殺風景でした。薬剤師は60代くらいの男性が1人、事務員も60代くらいの方が1人いて、2人とも疲れた感じでした。「若い風で改革していってね!」と言われて人任せだと感じ、なんだか複雑でした。

――奄美大島瀬戸内町に来て初めて気付いた、奄美大島瀬戸内町でのお仕事の良いところを教えて下さい。

瀬戸内町は星空がとてもキレイでした。わざわざ山に行かなくても自宅の近くから満天の星空を見ることができるので、家の前にキャンプ用のチェアとテーブルを置いて、近所の人と星を見ながら語らうのが楽しかったです。

だ

マネン崎展望広場からの天の川。画像:一般社団法人あまみ大島観光物産連盟様「あまみっけ。」より引用

だ

西古見観測所跡公園からの天の川。画像:一般社団法人あまみ大島観光物産連盟様「あまみっけ。」より引用

――反対に、悪いところを教えて下さい。

瀬戸内町は農家をしている方が多くて、よく農作業の手伝いを頼まれました。農作業をしに来たんじゃなくて、薬剤師として働きに来たのに……。

しかも、仕事を休んでまで農作業を手伝ってと言われるので困っちゃいました。年配の方を思いやったり助けたりすることが根付いているようでしたが、私には自分の仕事を休んでまで誰かの手伝いをすることはできませんでした。

――奄美大島瀬戸内町に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

子どもたちが島唄を歌えるんですよ。しかも大人顔負けの良い声で、民謡を歌うプロの方のようにこぶしもしっかりつけて歌っていて、中には三線を弾ける子までいました。他の島では聞いたことが無かったので、びっくりしました。

親や祖父母が島唄を歌える家庭が多く、小さい頃から聞かされて育った子が多いんですって。家の近くに、島唄を子どもたちに教えている先生の家もあったので、よく聞こえてきました。

――最終的に奄美大島瀬戸内町を出られた理由や経緯を教えてください。

60代の薬剤師と事務員が本当に疲れていて。「若いからやってよ〜」と言われることも多くて、「いやいや、少し手伝ってくれませんか?」と言っても、年を言い訳にあまり働かないんですよ。雑談をしたり場を和ませたりして、良い関係作りを目指していたんですけど、うまくいかなかったです。

患者さんのためを思って、可愛い雰囲気の薬局にするために工夫もしてみたんですよ。小さなぬいぐるみや絵本を置いたり、自由に飲めるお茶を置いたり、薬に関する通信を発行したりしました。患者さんからは、とても好評でした。

しかし、職場内での関係がうまくいかず。私は色々工夫していましたが、2人はラクして給料もらいたいという考えだったみたいで、考え方が合わないなぁと思い退職しました。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、奄美大島瀬戸内町を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

瀬戸内町は、星が本当にキレイでした。都会では絶対に見られないような星空です。

人によって感覚は違いますが、給料だけ見れば悪くはないと思います。ただ、給料が悪くはない分、やることも多いです。面接時にしっかり業務内容を聞いてから決めたほうが良いかと思います。可能なら職場を見学し、一緒に働くことになる方々と話したり業務について聞いてみたりすると良いかと思います。

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!