SHIMA SHIMA離島薬剤師・転職サイト

しましま体験談

28の離島へき地を経験した薬剤師みかんさんが語る、奄美大島の魅力「あちこちに極上ビーチがあるので、晴れの日はビーチで過ごしていました」

今回は、奄美大島の病院で半年の勤務経験がある薬剤師、みかんさんに取材を行いました。

みかんさんは、尋常でないほど転職を繰り返されており、かつ転職先が離島へき地ばかりという、とても珍しい方ですが、なんと新卒で最初の就職先は東京都内の総合病院でした。詳しい経歴は、こちらの記事で紹介しております。

奄美大島は、鹿児島県本土と沖縄本島のほぼ中間地点に浮かぶ島です。

奄美大島と鹿児島県本土と沖縄本島の位置関係(Google Map)。

なぜ奄美大島で働くことを決めたのか? 奄美大島はどんなところなのか? また、なぜ奄美大島を出ることになったのか? そのあたりを詳しく聞いてみました。

プロフィール

みかんさん

離島へき地を尋常でないほど転々としている、40代後半の女性薬剤師。旦那さんと10歳になる双子のお子さんとは離れて暮らしていますが、休みを取って定期的に帰っているそうです。みかんさんの詳しい経歴はこちら

なんで奄美大島で働いていたんですか?

――奄美大島を選ばれたのはなぜでしょうか。

日本は長生きな人が多いけど、奄美大島は長寿の島と言われるほど長生きな人がとても多いんです。そこで、どうして奄美大島では長生きの人が多いのかが気になりました。長生きな人はどんな生活をしているのか、食べ物が関係しているのか、実際に行って確かめるしかないと思い、奄美大島を選びました。

――奄美大島はどのような場所だと考えていましたか。

奄美大島に行く前は、長生きの人が多いので高齢化が進んだ場所だと思ってました。若者はあまりいないのかなぁって。あんまり活気がないのかなぁって。そういうイメージでした。

給料とかってどんな感じなんですか?

――奄美大島に転職される際の、年収提示はどのようなものでしたか。

最初に提示された時給は1,000円でしたが、交渉後、時給2,000円になりました。9時~17時勤務で、日祝休みです。

――家賃補助や、転居費用の提供はありましたか?

家賃補助も転居費用も半額まで提供でしたが、交渉後、転居費用は全額提供になりました。

離島や僻地の場合、薬剤師が足りない地域が多いので、交渉をすれば結構変わることがあります。待遇が少し良くないと感じた際は、交渉してみることをおすすめしますよ。

奄美大島ってどんなところですか?

――はじめて奄美大島に来て、島内や職場を実際に見たときにどのようなことを感じましたか。

奄美大島には面接や職場見学、働いている方との懇談などで、3日間ほど滞在しました。しかし、3日間ぜんぶ雨……!憂鬱な気分でした。雨が多いせいで寒かったです。

面接で合格をいただき、職場を見に行くと、第一印象から明るい方が多かったです。長寿の島なので70代の方とかも働いてるかと思っていたのですが、そのような方は全然おらず、平均年齢は40歳近くと意外にも低く、若い方もいることにビックリしました。島出身の方も、島に嫁ぎに来た人もいました。長く働く方が多いようです。そして皆さんすごく話しかけてくるんですよ(笑)。私の経歴をお伝えしたのですが、皆さん興味津々でした。

職場の見学はすぐに終わると思っていたので、「終わった後は何をしよう。島を少し見ようかな」と考えていたのですが、昼から終わる時間までいました。さらに、その後にも職場の方の自宅でパーティに招かれました。とにかく皆さんすごいんですよ、ノリが良くて優しくて。私に興味津々で、たくさん質問されました。テーブルには、豚足、もずく天ぷら、苦瓜の炒め物など、いろんな郷土料理が並んでいました。どれも美味しかったです!

豚骨の煮込み

豚骨の煮込み。画像:株式会社カケハシ スカイソリューションズ 奄美営業所様「島キャン宣伝部」より引用

もずく天ぷら

もずく天ぷら。画像:株式会社カケハシ スカイソリューションズ 奄美営業所様「島キャン宣伝部」より引用

苦瓜の炒め物

苦瓜の炒め物。画像:株式会社カケハシ スカイソリューションズ 奄美営業所様「島キャン宣伝部」より引用

――奄美大島に来て初めて気付いた、奄美大島でのお仕事の良いところを教えて下さい。

奄美大島にはビーチがたくさんあるんですよ!自宅の場所次第ではありますが、車で少し走ればビーチに行けるような環境なので、晴れている時はビーチに行ってゆっくり過ごしてました。しかも、人がたくさんいることもないので、とても快適なプライベートを過ごすことができました。

土盛海岸

土盛海岸。手付かずの自然が残る奄美大島には、そこかしこに、このような極上のビーチがあります。画像:一般社団法人あまみ大島観光物産連盟様「あまみっけ。」より引用

――反対に、悪いところを教えて下さい。

天候が不安定なところです。今日は晴れてるな、と思っていてもすぐに強い雨が降ってくることがあります。私は雨が苦手ですが、自宅でゆっくり本を読んだり寝たり、近所の方や職場の方と一緒に食事をしたりお茶をしたりして、雨を乗り越えていました。

――奄美大島に来てびっくりしたことや、笑えるエピソード、思い出深い出来事などがあれば教えて下さい。

「ミキ飲む?」って聞かれたんです。最初は意味がわからなかったのですが、ミキは奄美大島で有名なドリンクなんです。ソウルフードならぬソウルドリンクですね。

米やサツマイモ、砂糖などが入った飲み物で、発酵している飲み物です。島の方は自宅で作ったりしています。飲んでみましたが、あまり美味しくなくて……(笑)。奄美大島の方はこれが好きなんだと思うとビックリしました。

――最終的に奄美大島を出られた理由や経緯を教えてください。

北海道に行きたくなったんです。南から少し環境を変えて、海からも離れてみようと思いました。ちょうど友人からも北海道のオススメ求人を教えてもらったので、「次は北だー!」と思いました(笑)。

読者の薬剤師さんへのメッセージをどうぞ

――その他、奄美大島を勤務先として検討されている薬剤師さん向けになにか伝えたいことがあれば教えて下さい。

奄美大島は、話しやすい方が多かったです。親しくなるにも時間はかかりませんでした。高齢者も若者もいて、話の合う人が見つかるはずです。

雨は多いですが、雨の日はゆっくり過ごすことができます。

奄美大島で働こうかどうか悩んでいる薬剤師さんは、ぜひ、一歩踏み出して、働いてみることをオススメします!

あとがき

作成中

著者プロフィール

鈴木 裕也(すずき ゆうや)

Webディレクター、ライター。当サイト「SHIMA SHIMA」の立ち上げや、「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」の運営など。愛知県豊田市のスーパー山奥で育ちました。大学進学のときに上京しまして、今は東京で妻・息子4歳・娘2歳の4人で暮らしつつ、小さい会社をゆるゆる運営しています。

キャリア相談のご案内

  • いまの自分におすすめの離島へき地を知りたい
  • 引越し代や面接時の交通費を会社負担にして欲しい

このようなニーズをお持ちの薬剤師さんはぜひ、「しましまワークスLINE@」までお気軽にご連絡ください。経験豊富な専属アドバイザーが、あなたの知りたいことに全てお答えします。(しましまワークスについての詳細はこちら

LINE転職相談をする

現地視察で得た情報をお伝えします!