絶景の離島で「薬剤師」をやると高待遇で働けるって知ってた?

絶景の離島で「薬剤師」をやると高待遇で働けるって知ってた?

田舎や離島など、へき地と呼ばれる場所では医師や看護師、
薬剤師の人材不足が昔から問題になっています。

へき地で働くメリットって何なのでしょうか?

今回は沖縄の小さな島へ移住した、あぐに薬局女性薬剤師
「島でのプライベート事情」や「お金の話」など、いろいろ聞いてきました!

登場人物

こんにちは、ライターの柿次郎と申します。


今年で34歳。運動不足、週5で外食。不規則な生活がたたって決して健康ではありません。そこでお世話になっているのが病院であり、そこでもらった処方箋に応じて薬を用意してくれるのが「薬局(=薬剤師)」の存在です。



みなさんは薬剤師の仕事ってどんなものを想像しますか?


僕のイメージは「白衣とメガネ」「時給が高くて羨ましい」「店舗の奥でゴソゴソとしてる」です。


日常的に接点のある職業ではあるものの、具体的な仕事内容や、どういった経緯で薬剤師を志すのかとか、全然知りません。にも関わらず、今回「離島薬剤師の現場を取材してきてほしい」と依頼が…!



まだ、薬剤師の「や」の字も分かっていないのに「離島薬剤師」という聞き慣れない言葉が…!



なんとなく漫画「Dr.コトー診療所」みたいに孤軍奮闘しながら、少しずつ島民に愛される姿を想像するのですが、実際はどうなのでしょうか。聞けば好きこのんで離島に移り住みたい人は少なく、その分「待遇がめっちゃ良い」なんて話も耳にしました。高収入、家賃無料、車も提供…そんなおいしい話が本当にあるの??



取材にあたって「薬剤師に縁のないおじさんだけでは心細い…」という理由で、現役の薬学部学生を募って参加してもらうことにしました。これから薬剤師を目指す学生の忌憚のない意見が大事!


募集後、真っ先に応募してきてくれたのが千葉大学薬学部1年生の寺田さんです。


寺田さん「寺田です。よろしくお願いします!」

柿次郎「寺田さんはTwitterの募集ツイートをみて応募してくれたんですよね」

寺田さん「はい。応募をみた瞬間、反射的に応募しました。普段あまり薬学部って注目される事が無いんですけど、ピンポイントで募集していたので、自分が呼ばれてる気がしたんです」

柿次郎「行動力ありますね。ちなみに離島で薬剤師として働くってどんなイメージあります?」

寺田さん「あまり想像つかないのですが、なんとなく設備がきちんと整ってなさそうとか、忙しそうとかそんなイメージですね。地元じゃなかったら島の人とのコミュニケーションに慣れるの大変そうな気がします。でもお金は稼げそう!」

柿次郎「確かに待遇は良さそう。ギラギラな服とアクセサリー身につけて高級車とか乗り回してたらどうしよう」






沖縄の離島「粟国島」に到着

というわけで、東京から飛行機とフェリーを乗継ぎ5時間超かけてやってきました。

ここは沖縄本島から西におよそ60kmのところにある粟国(あぐに)島です。




粟国島の全景


粟国島は美しい海に囲まれた人口700人の小さな島で、映画「ナヴィの恋」の舞台にもなったそう。





沖縄本島との位置関係はこんな感じ。




車で島を走っていると、道の端で飼育されているヤギをみかけました。排泄姿がかわいいですね。




粟国島の観光スポット「洞寺鍾乳洞公園」という地下鍾乳洞に行ってみました。

ここは、とある僧侶が「水面を歩けるかどうかの賭け」に負けてこの島に流され、死ぬまでこの鍾乳洞で読経をして過ごしたという伝説の場所だそうです。

なんなんだ、その賭けは。






離島で働く薬剤師に話を聞いてみた

ここからが本題!

昨年の2015年8月にオープンしたばかり…粟国島唯一の調剤薬局「あぐに薬局」。




ここで働いている薬剤師の岡野紘子(ひろこ)さんに気になる質問をぶつけようと思います!


柿次郎「はじめまして、よろしくお願いします」

岡野さん「東京からわざわざありがとうございます。よろしくお願いします!」

寺田さん「私はいま薬学部の1年生で、離島で働くってどうなんだろうと知りたくて来ました。今回、いろいろと質問させて頂きますので、よろしくお願いいたします。」




離島にAmazonって届くの?

寺田さん「早速質問なのですが……、離島ってAmazonは届くんですか?

岡野さん「いきなり、そこ!? えーっと、もちろん届きますよ。生活用品含めて、手に入らないものはあまりないですね。Amazonだと注文してから3~4日くらいで届く事が多いかな」

寺田さん「わー、そうなんですね。良かった…」

柿次郎「そこが一番気になってたんだ。都会にいると『商品を注文した翌日に自宅に届く』というのが当たり前になるもんなぁ」

岡野さん「楽天でもYahoo! ショッピングでも大体は注文できます。ただ、海の状態が悪くてフェリーが止まってしまうと、届くまでに1週間以上かかることはよくありますね」

寺田さん「最初から分かっていれば、ぜんぜん大丈夫そうです!」





粟国島ってどんなところ?

寺田さん「この島についてお聞きしたいのですが、岡野さんが思う粟国島のいいところってどんなところですか?」

岡野さん「人間の手が加わっていないような、自然のままの海は本当に綺麗ですね」

寺田さん「たしかに島に着いても、とても静かで、自然の音しかしませんでした。すごく癒されました」




取材に来たのに、海ではしゃぐ寺田さんと柿次郎




岡野さん「島に来たばかりの頃は、自宅から薬局まで歩いて『空が青いなぁ、海が綺麗だなぁ、夕日が美しいなぁ』と毎日感動してました」


粟国島の夕日 撮影:岡野さん

岡野さん「でもしばらくしたら『今日は暑いから車で行こう』ってなっちゃって(笑)」

寺田さん「同じ風景みてたらそうなっちゃいますよね」

岡野さん「先日、たまたま用事があって夜10時頃に外に出たんですね。ふと空を見上げたら星がとっても綺麗だったんです。こんなところで生活できて、本当に幸せだなぁ……と心から感動しました」




粟国島の夜空 撮影:四方 正良さん(粟国村観光協会)




柿次郎「でも交通の便はあまり良くないですよね。台風とかが近づいてたらフェリーの運航がない時もあるらしいじゃないですか」

岡野さん「…そうなんですよね。柿次郎さん達がくる3日前も1週間フェリーが運航してませんでした。でもそんな時に代替の交通手段が使える場合があります。『ヘリタクシー』です!」

柿次郎「ヘリのタクシー!?むちゃくちゃ贅沢じゃないですか。石油王が乗るんですか?」

岡野さん「石油王じゃなくても乗れます」






最大5名まで搭乗可能で、1フライトの料金は通常108,000円(税込)が、沖縄県の補助によりなんと80%オフの21,600円!


沖縄本島↔︎粟国島がフェリーで片道2時間かかるところ、ヘリだとたった30分で移動できるとか。


割り勘すれば安いし、グループで移動するならヘリがいいですね。





ヘリコプターから見た沖縄の海の景色が絶景!こんなにテンションが上がる移動手段は他にはない!



寺田さん「ところで岡野さんは粟国島にきて、どのくらい経ちますか?友達とかできましたか?」

岡野さん「薬局がオープンした直後に来たので、この島に来てからちょうど1年経ちました。友達は島人(しまんちゅ。島で生まれ育った人)以外にも、製糖工場(砂糖を作る工場)で働くために外から移住してきた方や、地域おこし協力隊という活動をしている人たちなど、島にいながら色んな方と友達になることができましたよ

寺田さん「この島に初めて来た時は、知っている人が誰もいなかったんですよね」

岡野さん「私は岡山県出身で沖縄での生活もそれほど長くはないので、よそ者が受け入れられるのかな?という不安は正直ありました」

寺田さん「実際は…?」

岡野さん「来てみたらそんなことは全然ありませんでした!どこでも気軽に話しかけてくれますし、家に帰ったら玄関に果物や野菜とかが置いてあったりもして。この前は岡山の両親から送られてきた桃を近所の人におすそ分けしたら、桃がメロンになって返ってきました」

柿次郎「島のおすそ分けコミュニケーションは超大事ですよね。とはいえ、コミュニティが狭い分、噂とかもすぐ広まりそう。仕事で離島の取材をすることがあるんですけど、若い子に話を聞くと、恋愛問題に悩んでいることが結構あるんですよね。みんな知り合いだから浮いた話があるとすぐ広まっちゃうので、好きな人がいても一歩踏み込めないとか」

岡野さん「たしかに噂は良いことも悪いこともすぐ広まりますね。話にいっぱい尾ひれがつくことも…(笑)。人と人との距離がとても近いので、プライベートをしっかり確保したい人は、ちょっと大変かもしれないです」

寺田さん「なるほど! ちなみに粟国島には娯楽施設みたいなのはありませんよね。休日は何をして過ごしてますか?」

岡野さん「私は海が大好きなんです。夏の休日はスキューバダイビングシュノーケリングをして過ごしていますね!」




シュノーケリングをしている岡野さん




岡野さん「最近までは『ギンガメアジのトルネード』というのが凄い時期で、毎週これを見るために潜ってました。ダイバーには有名なスポットで、これ目的に来島する観光客の方も沢山いました」

寺田さん「スキューバダイビング好きには最高の島なんですね」




ダイバーには有名な粟国島の「ギンガメアジ トルネード」 撮影:岡野さん






寺田さん「他にはどんな過ごし方がありますか?」

岡野さん「島の人が魚捕りに連れて行ってくれたりするので、モリとか網とか追い込み漁させてもらったりしてます」

柿次郎「自然と共に生きてますね。いいなぁ。沖縄の島の人ってずーっとお酒飲んでるイメージでしたけど」

岡野さん「お酒飲んでいる人も多いですね(笑)。この島では魚も捕れるし、野菜もくれるし、食材は基本的に何も買わなくて大丈夫。ただ、こっちは豚や牛などの生肉が売っていないんですよね。ヤギ肉を食べる文化はあるんですが、私は独特の臭いが苦手で……」

柿次郎「この島に来る前に沖縄本島でヤギ刺し食べました!味は……まぁ美味しかったら日本全国で食べられているよね、という感想でした」


沖縄本島の居酒屋で食べたヤギ刺し


岡野さん「こちらだとヤギの脳みそも食べるんですけど、あれはお酒に溶いて飲むと片頭痛に効くと聞きました。あと昔の人は猫肉を食べて喘息を治したというのも聞いたことあります。なんで猫なのかな?と思って調べたけど何にも出てきませんでした」

柿次郎「薬剤師としては一応調べますよね。でも根拠なさそう」

岡野さん「それで治ったよっていう人もいましたよ。アヒルも喘息に効くとか聞きました。流石に今は食べてないでしょうし、どこまでが本当か分かりませんが、おじいちゃんおばあちゃんの話はとても興味深いですね」

柿次郎「もし猫肉とかアヒル肉をすすめてくる薬剤師がいたらイヤだな…」






薬剤師は麻薬Gメンになれる!?

話題は島のことから薬剤師の就職先へ

柿次郎「ところで薬剤師になると、ドラッグストアとか薬局で働くことになるんですよね?」

岡野さん「いえ、 『薬剤師=薬局』みたいなイメージありますけど、他にもいろいろありますよ」

寺田さん 「以前大学で、薬学部を卒業した人の就職先リストみたいなのを見せてもらったんですが、その中に『マトリ』がありました」

柿次郎「マトリ??」

寺田さん麻薬取締官のことです。麻薬Gメンとも言いますね。その他の就職先でいうと、科学捜査官とかもありました。薬を扱う職業は全部なれると思います」

柿次郎「すごい!『科捜研の女』にもなれるんですね」

寺田さん「あとは化粧品の会社で開発とかも出来ますよね。化粧品って結局のところ化合物なので、肌に浸透させるにはどの薬品をどう組み合わせればいいのかを研究しますし」

柿次郎「ほぉー!薬剤師の就職先って意外と幅広いんだな…」




離島で働くと稼げるの?

寺田さん「お金の具体的な話も聞きたいんですが、離島ってやっぱり稼げるんですか?

岡野さん「うーん、ここが初めて働く離島の調剤薬局なので、お給料の相場は分からないんですけど、お金が入って来るうんぬんよりも出ていくところが少ないので結果貯まります!

寺田さん「やっぱり!」

岡野さん「 私が今住んでいる家は借家の2DKの一軒家なんですけど、家賃は会社持ちなので私の負担はゼロなんです。食費も島の人からたくさん食べ物をいただけるので、ほとんどかかりません。光熱費も特別高いわけではなく、普通だと思いますよ」

柿次郎「都会の薬局で働くのと貯金額だけで比較したら、相当な年収レベルになりそうですね……。2〜3年間働くだけで1,000万円以上貯金できるんじゃないですか!? 貯めたお金持って物価の安い国行けば数年遊んで暮らせるし、貯金が底ついたらまた離島で数年働いてお金貯めて……うわー!」

岡野さん「めちゃくちゃテンション上がってますね」

寺田さん「私の知り合いの薬剤師がまさに柿次郎さんの言うような『お金を貯めて、海外に旅行に行って、またお金を貯めて』という働き方をしていて、すごく羨ましかったんです。人間として豊かな経験ができそうだなと思って、私もその人を見て薬剤師を目指しました」

岡野さん「そういう働き方もいいですね!」

柿次郎「へき地で働く人って『自然とともに暮らしたい。お金よりも大切なものが、ここにはある』ってモチベーションだと思ったのに!岡野さんは貯金通帳見てニヤニヤしちゃいませんか?」

岡野さん「もう通帳は全く見ないですね。記帳すらしていなくて『早く記帳してください』っていう手紙が来てます(笑)」


柿次郎「これは相当貯めてるぞ……」

寺田さんお金を稼ぎたい!というモチベーションで、こういった場所に来る人をどう思いますか?」

岡野さん全然、いいと思いますよ! 稼げるからというだけで来て、適当に仕事をするのは別かもしれませんが、第一の目的が『稼ぎたい』で来るのは全然ありだと思います」

寺田さん「意外…!私はどちらかというとお金本位で考えてしまうタイプなので、『よかった、許されてる!』と思いました(笑)」

岡野さん「友達でもお金たくさんもらえるから田舎で働くよっていう人もいます。お金を貯めて一気に奨学金を完済をするケースもありますね」

寺田さん「でも、稼げる反面、島の暮らしって慣れる努力が必要そうに思えるのですが、どうでしょうか?」

岡野さん「私は幸い島の暮らしに苦労は感じませんでしたし、仕事も楽しくやってます!ただこれは、人それぞれ合う合わないがあると思います。『ちょっとくらい大変でも、待遇がいいから頑張れる!』という人もいると思いますし、考え方次第かな?私は住むんだったら楽しく地域の人と仲良くしたいし、島のみんなに住まわせてもらってるんだなっていつも感謝しています

柿次郎「愛がめっちゃ強いですね! 『愛の人』だわ」






あぐに薬局ができた理由

柿次郎「この薬局は昨年オープンしたんですよね。以前は診療所で薬が処方されていたのに、今は薬局で処方されるとなると、患者さん的には手間になってしまうと思うのですが、この薬局の役目って何かあるんですか?」

岡野さん「たしかに患者さんからしたら『今までは診療所でもらえてたのに!』となりますよね。ここに調剤薬局が出来て薬剤師がいるメリットは、患者さんに対して細いケアができるというのがあります」

柿次郎「ケアってどういうことをするんですか?」

岡野さん「患者さんがわざわざ病院や診療所まで行かなくても、気軽に体の不調や悩みなどの相談ができたり、薬の飲み方などの指導が受けられたりします。必要だったら薬局から診療所の先生に連絡もしますね」

柿次郎「なるほど。病院や診療所が混んでいて、なかなかお医者さんに相談できないってこともありますもんね」

岡野さん「また、この島で私が薬剤師として働くやりがいにも繋がっているのですが、お年寄りの薬の飲み忘れ対策もケアの一つです。例えば、ご自宅までお邪魔して生活環境を見せていただいたり、実際にどれだけ薬が残っているのか、どうやって薬を管理しているのかを見て、患者さんの生活背景まで分かった上で一人一人に合った対応をすることができます」

柿次郎「たしかに、お年寄りが多い地域はそういったアドバイスは大切ですね!」


岡野さん「そしてもう一つのメリット。これはここの薬局に限らず、全国に薬局があることの利点になりますが、処方の間違いを防げるという点です」

柿次郎「えっ!お医者さんや看護師さんが薬を間違えることなんてあるんですか!?」

寺田さん「私もいま薬局でバイトしているんですけど、以前、『子供の患者さんなのに大人の量の薬が出ている』といった処方量のミスがありました」

岡野さん「先生も看護師さんも人間ですから、処方する薬の種類や量を間違える可能性はゼロではありません。薬局の薬剤師がダブルチェックすることで、そのようなミスを未然に防ぐことができるんです。こうやってそれぞれの仕事を分けることを、医薬分業といいます」

柿次郎「僕、薬剤師さんの存在意義がよく分かりませんでしたが、そういうことだったんですね。医者の先生や看護師さんがまさか『薬を間違える』とは思ってませんでした……」





寺田さん「ところで、このあぐに薬局には1日にどれくらいの患者さんが来ますか?」

岡野さん「一日平均20人くらいですかね」

寺田さん「ここでの調剤や処方は全て一人でやっているんですか?」

岡野さん「はい。ここに来る前は沖縄本島の大きめの病院の院内薬局で働いていたんですけど、ちょうどタイミングがいろいろ重なってここに配属されました。粟国島は島民みなさんの顔がわかるし、患者さんの処方されている薬が変わったなとか、体調が今どうなのかというのも分かります。以前よりも患者さんひとりひとりにかける時間が増えたのは幸せですね!

柿次郎「でもひとりでやること多くて忙しそうですね…!残業とか結構ありそう!」

岡野さん「全く忙しくないと言ったらウソになりますが、そこまで大変ではないですよ。基本の業務時間は9時から18時で、たまに残業するくらいです。その時でも遅くても20時くらいには帰っています」

寺田さん「そうなんですね。もっと忙しいと思ってました」

岡野さん「それと先日、事務として働いてくれる島の方が見つかったので、今後は今よりも残業や負担が減ると思います!」

柿次郎「へぇー、島の雇用にも一役買ってるんですね」




薬剤師の仕事はロボットに置き換わる?

寺田さん「最近は人工知能とかロボットとか、そういった技術の進歩がすごいですよね。将来、薬剤師の仕事がロボットに置き換わったらどうしよう!なんて考えることがあるんですが、岡野さんにもそういう危機感ありますか?」

岡野さん「うーん、確認作業や管理作業で人間のミスに気が付く超賢いロボットは出てくるかもしれませんけど、薬剤師の仕事が完全にロボットに置き換わることは無いと思いますよ。例えば患者さんから言葉を引き出す質問をするのはまだ人間にしか出来ないと思います」

寺田さん「言葉を引き出す質問ってどういうのですか?」

岡野さん「ちょっとした雑談の中でさりげなく探る質問をするんです。そこで『あ、やっぱりお薬飲んでないな』と気付けたり、お薬が必要無いのに何か飲まないと気が済まない患者さんは適切にアドバイスしたりして」

柿次郎「あぁ…『わざわざ来たのに薬の一つも出さねぇのか!』って怒る人いそう!」

岡野さん「そういう時は『胃腸が弱っているならアロエを食べるといいですよ』という感じで、患者さんの気分を損ねないように上手く話を持って行くとかしますね。こういう応用的な部分って、まだロボットでは出来ないと思います」

柿次郎「相手とコミュニケーションをしながら、その人を理解したうえで適切な対応をするんですね」

岡野さん「それが理想なんじゃないかなと思います。特に離島で育ったお年寄りはコンピューターが苦手ですし、人間味を求める患者さんは沢山いるんじゃないかな。私は、『わからないことがあったら、あそこの薬剤師に聞きに行こう』と言われる存在になりたいんです」

寺田さん「薬界のGoogleみたいですね」






岡野さん「たとえば患者さんがドラッグストアの店員さんに質問しても、明確な答えが返って来ない事がある。そこで患者さんが『まぁいいか』って思うのではなく、その質問を解決するために、自分の所に来てくれるような、そんな頼りになる人格、頼りになる存在になれたらいいなと思います」

柿次郎「コミュニケーション力が高い薬剤師って必要ですね。冷たい人、いやですもん」

岡野さん「人と人とのコミュニケーションを大切にして、患者さんのことを理解してあげることが薬剤師の役割なんじゃないかな。それが十分にできるこの島では、仕事にとってもやりがいを感じることができます。薬剤師としては本当に幸せなことだと思います」

柿次郎「はぁ、立派な人だわ…。今日はいい話聞けました。寺田さんどうです?」

寺田さん「そうですね、今回お話を聞いて、『離島は稼げそう』から、『離島やはり稼げる!』へと変わりました(笑)」

柿次郎「そこかい! 岡野さん、今の貯金額はズバリいくら!?」



岡野さん「言えません」

柿次郎「ですよね」

寺田さん「今回お話をうかがって、自分が将来どのような薬剤師になりたいかというビジョンが見えてきた気がします!尊敬すべき薬剤師さんにお会いできてとても幸運でした!岡野さんを目標にしてこれからも勉強や様々な体験をしていきます。今日はありがとうございました!」

岡野さん「そこまで言ってもらえるとは…。こちらこそ、ありがとうございました!」





柿次郎「あっ、最後にひとつだけ質問いいですか?」


柿次郎「店内にお薬色々ありますけど、岡野さんが個人的に一番好きな薬って何ですか?」

寺田さん「知って何になるんですか」

岡野さん「えーっと、あっこれです!」

寺田さん「あるんですね」




岡野さん葉酸錠。パッケージが好きなんですよ。かわいいですよね」

柿次郎「ありがとうございます。満足しました」


ゆっくり流れる時間の中で、美しい自然と優しい住民に囲まれて、お金もいっぱい稼げる離島薬剤師の仕事はとても魅力的ですね。


これから薬剤師を目指す学生の皆さんや、現役薬剤師の方も是非離島やへき地で働く薬剤師を目指してみてはいかがでしょうか!


最後に今回の取材のダイジェストムービーをどうぞ!


(おしまい)